磐梯朝日国立公園 吾妻山の中腹、標高約1300mの山間部に位置する当館は、
こんこんと湧き出る二本の源泉を持っています。
白濁の湯、グリーンの褐色の湯、どちらも日によって微妙に色が変わります。
単純温泉、単純硫黄泉、源泉温度は44.9℃と72.5℃ですが、
季節に合わせて温度管理をしておりますので、適温でご入浴いただけます。

展望露天風呂

16時~20時までは、女性専用タイムです。
それ以外は混浴となりますのでご注意ください
(有料ですが、女性用湯あみ着がございます)。

こちらは、推定樹齢800年の檜の輪切りをくり抜いて、二つ繋げて作られた一番人気の湯舟です。
眩いばかりの新緑、神々しいほどの紅葉…
どの季節もおすすめです。

温泉通の皆さまの書き込みにあります通り、
大パノラマをゆっくりお楽しみいただける
自慢のお風呂でございます。

展望露天風呂イメージ1
展望露天風呂イメージ2
展望露天風呂イメージ3
展望露天風呂イメージ4
展望露天風呂イメージ5
展望露天風呂イメージ6
展望露天風呂イメージ7

渓流野天風呂

こちらは究極のワイルド仕様、旅館の裏側の渓流沿いにあり、混浴の上脱衣場がひとつしかありません。
ただ、当館唯一のミルキーシルキー硫黄泉なので、
タイミングを見計らって、
是非体験していただきたいお湯です。

渓流野天風呂イメージ
渓流野天風呂イメージ1
渓流野天風呂イメージ2
渓流野天風呂イメージ3
渓流野天風呂イメージ4

装飾イメージ

男女別内湯に各露天風呂

23時で男女入れ替えになりますのでご注意ください。
この湯舟にも源泉が常に注がれており、白い湯の華が舞い踊り、そして沈殿しています。
美肌効果の高い「メタケイ酸」を多量に含んだ、保湿に優れた名湯です。
翌日のメイク乗りが抜群に良いと評判です。
当館の女将(年齢不詳)のツルスベ美肌を見ていただけたら、ご納得いただけるかもしれません。

男女別露天風呂イメージ
男女別内湯イメージ
男女別内湯イメージ

温泉入浴の仕方

STEP1 洗う-Wash the body

湯船に入る前には必ず、洗い場にて全身を洗って汚れを落とす。

Always wash your body before taking a bath.

全身を洗う

STEP2 掛け湯-pouring hot water

体の末端から頭に向かって【掛け湯】を して、お湯の温度に体を慣らす。

Pour hot water from the tip of your body to yourself before taking a bath. Let's warm your body with hot water.

掛け湯

STEP3 半身浴-half body bathing

湯船には静かに入る。最初はみぞおちまで湯に浸かる【半身浴】を。

Quietly enter the bathtub. Let's put half of the body in the bathtub at the beginning.

半身浴

STEP4 全身浴-full-body bathing

【全身浴】では、身体を浮かせたり、手足を動かして血行を促進させる。

Let's enter the bathtub to the height of the shoulder. Let's move the limbs to promote blood circulation.

全身浴

STEP5 上がる-Leaving the bathtub

額が汗ばむ程度で湯船から上がる。温浴効果を保つため、体は洗い流さない。

When the body gets warm enough, let's get out of the bath. You do not have to wash your body.

湯から上がる
※【大展望露天風呂】11:00~翌9:00
 【渓流露天風呂】5:00~22:00
 【大浴場/大浴場露天風呂】3:00~23:00

ページの
先頭へ